ハーブティーの作り方-効能と療法 について

ハーブティーの作り方,ハーブティーの種類:ドライとフレッシュ,更年期障害・妊娠中・月経前症候群などに効果的なハー,セージ・ローズヒップ・ペパーミント,ローズマリーの効果・効能,カモミールの効果・効能,ミントの効果,タイムの効果,ハーバルマッサージとハーブボール,メディカルハーブの注意点,ハーブティーの作り方-効能と療法,最新情報を紹介しています。


最新記事

ハーブティーの作り方

作り方としては、ドライであればティースプーンに一人1杯程度が目安となる。

フレッシュであれば、ドライのだいたい2~3倍程度の茶葉をポットに入れて、沸騰してから一呼吸おいた熱湯を注いで、3~5分程度おく。

わかりにくい場合は10cm程度の枝が1~2人分だと思えばよいだろう。

長い時間おいておくと、ハーブの風味を損なうことになるので、濃い目のハーブティーが飲みたい場合は、茶葉を増やすといいでしょう。 カロリー 安産 妊娠中 ノンカフェイン サプリ ブレンド ファイン


飲み方については、ドライハーブもフレッシュハーブも同じで、ストレートで香りなどをそのまま楽しんでも良いし、好みによって、ミルクやハチミツ、レモンなどを入れてもよい。

ただ、ハーブティーはもともとは薬湯として用いられていたものなので、飲みなれないと、必ずしも飲みやすいものばかりではないし、ハーブティーには癖のあるものも多いので、最初は薄めに淹れて、慣れてきたら濃い目にし、風味などを楽しむという方法のほうが、初心者には楽しみやすいかと思う。 リプトン 風邪 花粉 便秘 ポット バラ ジャム 美肌 ハーブティ



ハーブティーの種類:ドライとフレッシュ

フレッシュハーブの利点は、なんといっても季節感を味わえるということである。

自分のお庭で育てたハーブをハーブティーにして飲むなんて、とても優雅な感じがしますよね。

ただ、フレッシュハーブは生の植物ですので、ハーブティーとして成分を抽出しにくいということや、青臭いと感じる場合があるといった欠点がある。


ドライの場合の保存法としては、高温多湿、直射日光を避けることが重要である。

ドライハーブの多くは輸入されたものなので、新しいものを使用するようにし、密封容器に入れて冷暗所に保管しておけば大丈夫である。


ドライハーブのハーブティーとフレッシュハーブのハーブティーがあり、それぞれに良さがあるが、薬湯としての効能でいえばドライハーブのものが数段上となる。 レモングラス 花粉症 デトックス ハーブティ 種類 ハーブ ティー オイル


激安通販店 安い 送料無料 防虫 害虫 ディル マリーゴールド メディカルハーブ検定 コーディネーター 検定 オレガノ 秋 ハーブ

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

ハーブティーの作り方-効能と療法をMy Yahoo!で購読する
ハーブティーの作り方-効能と療法をGoogle readerで購読する
ハーブティーの作り方-効能と療法をlivedoor Readerで購読する
ハーブティーの作り方-効能と療法をはてなRSSで購読する

パーツ